HOME > ご購入時のチェックポイント モダン仏壇

ご購入時のチェックポイント モダン仏壇

モダン仏壇の品質について

モダン仏壇は家具調仏壇とも呼ばれるように、ほとんどの場合家具職人が製作しています。ですから伝統的なお仏壇とは、多少材料や製作方法が異なります。モダン仏壇はデザイン性が重視される場合が多く、高額商品でもパーティクルボードなどの材料が使用されている場合もあり、一概に「品質・耐久性=価格」ではありません。下記の内容をご参考に慎重にお選びください。

芯材

芯材とはお仏壇の表面ではなく、表からは見えない中身(骨組)に使用されている材料のことです。家具調仏壇の芯材には主にパーティクルボード(MDF)や、天然合板または天然木材が使用されています。
パーティクルボードとは、木材の切削片や粉砕片に合成樹脂塗料を混ぜて熱圧し、成形された人工木材のことです。安価で加工性に優れ、狂いが生じにくいなどの利点がありますが、粉砕片が細かいほど、生木本来の性質が失われ、水に弱く、また釘やネジの保持力が弱いという欠点もあります。
それに対し、天然木材は高価で充分に乾燥させた材料でないと、狂いが生じ易いなどの欠点がありますが、パーティクルボードに比べ耐水性や釘、ネジの保持力が強く、耐久性に優れています。
パーティクルボードはMDF、木質繊維板、圧縮ボードと表示されていることもあります。

芯材写真

材質

家具調仏壇には、さまざまな材料が使用されています。
代表的なものは、家具でも人気のあるアメリカンウォールナット、タモ、メープル、サペリ、シカモア、樺桜などです。木目が美しく希少な材料ほど高級品とされています。
特に高級家具やバイオリンなどの楽器に使用されるバーズアイメープルやシカモアは大変希少価値の高い木材です。
また安価品では、上記のような木材を一切使用せず、印刷またはプリントで仕上げられたものがあります。本物そっくりに仕上げられていますので、注意が必要です。ウォールナット調のように○○調と表記されています。

モダン仏壇材質-1写真

モダン仏壇材質-2写真


加工

上記の木材をさまざまな方法で加工して使用しています。より多くの木材を使用するほど、耐久性がよくなり価格も高くなります。

その加工方法には次のような種類があります。

■印刷(プリント)
芯材に木材の模様を印刷して仕上げたもの。または印刷した紙やシートを貼ったもの。「ウォールナット調プリント」のように○○調と表示されています。
高級木材を使用しない為、安価品に多く見られる加工方法です。

■着色
芯材に木目を印刷せず、着色だけを施したもの
(紫檀調着色のように、〇○調着色と表示されています。)

■薄板貼り
突板(つきいた)と呼ばれる、天然木材を薄くスライスした(0.1mm〜0.8mm程度)材料を芯材の表面に貼りつけて仕上げたもの。「○○材薄板貼り」と表示されています。家具調仏壇の場合はこの加工方法が主流で、約80%の家具調仏壇がこの方法で製作されています。

■厚板貼り(練り加工とも呼ばれています)
天然木材を3mm〜5mmくらいの厚みの板材に加工し、芯材の表面に貼りつけて仕上げたもの。「○○材厚板貼り」と表示されています。下記の図のように板材を使用する面積が多いものほど、高価で重厚感があり、耐久性に優れています。「二方厚板貼り」または「二方練り」のように厚板貼りを施した面の数が表示されています。
伝統的な唐木仏壇ではよく使用される工法ですが、家具調仏壇の場合は少ないです。

■無垢
主要な部分を天然木の無垢材で仕上げたもの。無垢材とは天然木の無垢板(一枚板)又は一枚板を張り合わせた寄木材のことです。非常に多くの木材を使用する為に高価ですが、耐水性や強度も強く、剥がれたり、めくれたりする心配がなく、非常に耐久性に優れています。
ただし、充分に乾燥させた木材でないと、狂いが生じ易いという欠点もあります。

加工説明画像

塗装

家具調仏壇に使用されている塗装はラッカー塗装、ウレタン塗装、ポリエステル塗装、オイル仕上げの主に4種類です。

■ラッカー塗装
ラッカー塗料は薄く塗装することができるので、木材の質感を出す場合などに使用されます。

■ウレタン塗装
ウレタン塗料はラッカー塗料に比べ、被膜が厚くキズやよごれが付きにくいので、家具調仏壇ではもっともポピュラーな塗装方法です。

■ポリエステル塗装
ポリエステル樹脂塗料は、一回の塗装で非常に厚い塗膜をつくることができます。また、塗膜の硬度が非常に高く、研磨をすることで非常に綺麗な光沢がでます。
ポリエステル磨き塗装は高級ピアノや高級家具などに用いられる塗装方法です。一部の高級家具調仏壇にも使用されています。手間が掛かり高価ですが、高級感があり耐久性に優れています。

■オイル仕上げ
オイル仕上げは木材の表面に食物油を浸透させる塗装方法です。木の呼吸を妨げず、木にやさしい塗装方法です。主に無垢材に適しています。木材本来の質感を感じることができ、経年変化を楽しむことができます。

塗装写真
   

原産国について

家具調仏壇にも、国産品と海外製品があります。国産品は広島県の府中や北海道の旭川、福岡県の大川、静岡県、徳島県など有名家具産地で製作されています。海外では、中国、ベトナム、カンボジア、インドネシアなどで製作されています。当然、人件費の安い海外で製作されたお仏壇の方が安価ですが、中には価格重視の粗悪品もありますのでご注意ください。

以上のように、家具調仏壇にはいろいろな材料や製作方法があります。ですが一般のお客様にこの品質の違いを見極めることは難しいと思います。
ネットショップやカタログ販売などで簡単に購入する方法もございますが、信頼のおけるお仏壇専門店で品質や耐久性などを充分にお確かめの上ご購入されることをお勧めいたします。

モダン(家具調)仏壇商品一覧