HOME > ご購入時のチェックポイント モダン仏壇

ご購入時のチェックポイント モダン仏壇

芯材

お仏壇の本体(骨組み)に使用している材料です。
天然木材か木質繊維板(ボード)かをお尋ねください。

木質繊維板は安価で加工性に優れ、狂いが生じにくい等の利点からモダン仏壇の芯材としてよく使用されています。ただ、水に弱く修理ができないという欠点がありますので、お水の取り扱いには充分ご注意下さい。

芯材に天然木材を使用しているモダン仏壇は少ないですが、木質繊維板に比べ耐久性に優れています。


材質

モダン仏壇の表面に使用される材料です。
メープル、ウォールナット、タモ、シカモアなど様々な種類の
材が使用されています。木目が美しく、希少な材ほど高級品とされています。

上記のような材料を使用せず、プリントや印刷で仕上げられた安価品もあります。


加工

■印刷
芯材に木目を印刷して仕上げられたもの。または印刷した紙を貼ったもの。
(○○調と表示されています。)
安価品に多くみられます。

■張り
上記などの材料(ウォールナットやメープルなど)を薄くスライスして、芯材に張り付けて仕上げたもの。
(薄板貼りと表示されています。)
現在この加工方法の商品が一番多いです。

■練り
3mm以上の厚みの材料を芯材に張り合わせて仕上げたもの。
(厚板貼りと表示されています。)

唐木仏壇の場合はこの方法が主流ですが、モダン仏壇の場合は少ないです。

■無垢
主要な部分を無垢材で仕上げたもの。ウォールナットやタモなどの無垢材を多く使用したもの。重量感があります。

(充分乾燥させた材料でないと反りや割れが生じる恐れがあります。)

塗装

厚く塗装して表面をつるっと仕上げる鏡面塗装、木の質感を出して薄く塗装するオープン塗装、表面を研磨してピカピカに仕上げる磨き塗装などがあります。
磨き塗装は研磨に手間がかかる為、高級品です。


モダン(家具調)仏壇商品一覧