HOME > 修理内容紹介

修理内容紹介

お仏壇の御修理にも色々な工法があります。このページでは実際に御修理させて頂いた御修復例や仕上げ方法についてご紹介させて頂きます。

和泉市 Y様 大阪仏壇後修復

和泉市Y様 大阪仏壇御修復前
ご実家より、新宅へ移すにあたって御修復をご依頼頂きました。
長年のお祀りによって、全体的に煤けており、塗り面も所々剥げてしまっています。彫刻も部分的に欠損しています。完全修復させて頂きました。
和泉市Y様 大阪仏壇御修復後
伝統技法にて、御修復させて頂きました。
元々障子と下台の一部は溜塗り(赤い塗り)で仕上げられていましたので、溜塗りを復元させて頂きました。溜塗りは赤い漆を塗った後に、透き漆(色のついてない漆)を塗り重ねて仕上げます。仕上がった直後はワイン色をしていますが、年数が経つにつれ、透き漆の透明度が増し、赤く変化します。
元々は東本願寺派用のお仏壇でございましたが、現在お参り頂いているお寺様が西本願寺派のお寺様とのことで、一部西本願寺仕様へ変更させて頂きました。(宮殿柱を黒塗りから金柱へ)欠損していた彫刻も復元させて頂きました。

Y様、この度は御修復をご依頼賜りまして本当にありがとうございました。末永く大切にお祀り下さい。

高石市 U様 大阪仏壇総修理

高石市U様 大阪仏壇修復前 
大型の西本願寺派用の大阪仏壇です。
お扉のや、お仏壇の内部の金箔は剥がれ、欄間の彫刻や金具は真っ黒になっています。塗りも部分的に剥げたり、全体的に曇っています。
高石市U様 大阪仏壇修復後
完全修復をさせて頂きました。
元々しっかりとした木地で、彫刻も非常に細かく、昔の職人さんの優れた技術が感じられるお仏壇です。その優れた品質を損なわないように、伝統技法でしっかりと修復させて頂きました。
現在、一般的な修復では、下地は科学塗料吹き付け、塗りは合成漆です。漆の表示が有っても天然漆を使用しているのは前面だけで、その他はすべて合成漆です。
不良木地を修復し、堅地(漆下地)、総天然漆塗りで修復させて頂きました。前面だけでなく、内部、側面、背中、天井に至るまですべて天然漆を使用して修復しました。金箔部分はお客様のご希望で純金粉摺り漆仕上げへ変更させて頂きました。繊細な彫刻には、総彩色を施しました。

U様、この度は御修復をご依頼頂きまして本当にありがとうございました。

堺市 Y様 四尺壇 総修理

堺市Y様 四尺壇総修理前 
台幅約130cm、総高さ200cmの大型仏壇を修復させて頂きました。
既存のお仏壇には、部分的に梨地塗りと白檀塗りが施されていました。
梨地塗りとは上塗りを施した上に錫粉を蒔きつけ、さらに色の付いていない透き漆を何層にも塗り重ねて仕上げる伝統技法で、非常に手間が掛かり、現在ではよほどの最高級品にしか使用されない技法です。(市販されているお仏壇に施されているのは合成漆を使用した、代用梨地塗りです。)また、白檀塗りとは金箔を張った上に漆を塗って仕上げる技法です。
堺市Y様 四尺壇総修理後 
不良木地を修復し、堅地(漆下地)、総天然漆塗りにて仕上げました。内部、欄間枠、障子に、最高級伝統技法、梨地塗りを施しました。金箔は昔ながらの伝統技法で製作された縁付金箔を使用して修復しました。約5ヶ月かけて完成しました。

Y様、この度は修復をご依頼頂きまして本当にありがとうございました。

泉大津市 K様 大阪仏壇総修理

泉大津市K様 大阪仏壇総修理前
約100年お祀りの大阪仏壇の修復をさせて頂きました。

欄間は彫刻ではなく、ワラビ型の欄間が入っています。昔の大阪仏壇には彫刻とワラビ型の二つの欄間が付属していて、普段用と行事用に使い分けをしていました。

泉大津市K様 大阪仏壇総修理後
不良木地を修復し、堅地(漆下地)を施し、総天然漆塗りで仕上げました。以前は金箔仕上げでしたが、純金粉摺り漆仕上げに変更させて頂きました。お仏壇の内部と障子の腰板には輪島塗の螺鈿入り研ぎ出し蒔絵を施しました。また、腰板の裏側にご家紋をお入れさせて頂きました。

K様、この度は御修復をご依頼賜りまして本当にありがとうございました。

和泉市 K様 大阪型仏壇総修復

和泉市K様 大阪型仏壇総修復前
-御修復前- 
漆は艶がなくなってしまっていますし、金箔も全体的にくすんで、所々剥げて黒くなっています。金具も変色しています。

3種類のお見積りをご提案させて頂きましたが、現状復元の内容でご依頼賜りました。
和泉市K様 大阪型仏壇総修復後
-御修復後-
天然漆を塗り替え、金箔は縁付金箔を押し替えました。金具は上品な消メッキで仕上げました。蒔絵も復元致しました。

金箔について、
近年、一般的な御修理には安価な大量生産の断ち切り金箔や、中国製の金箔が多く使用されていますが、伝統技法で製作される縁付金箔に比べ変色する可能性が高いです。また、金箔を貼る為の接着剤にも科学塗料が使用されていますが、伝統技法では天然漆を接着剤として金箔を貼ります。御修理をご依頼される場合には金箔の種類や貼り方についても詳しくお尋ね下さい。

K様、この度は御修復をご依頼頂きましてありがとうございました。末永く大切にお祀り下さい。

岸和田市 T様 大阪仏壇総修理

岸和田市T様 大阪仏壇総修理前
-御修復前-
大阪仏壇では珍しい三方開(扉が6枚ある)のお仏壇を修復させて頂きました。長年の線香、ローソクのすすで全体的にくすんでしまっています。また、棚は傾き、彫刻も欠損しています。金具も真っ黒に変色しています。

総修復をさせて頂きました。

岸和田市T様 大阪仏壇総修理後
-御修復後-
極上修復をさせて頂きました。
一般的なお仏壇は天然漆を刷毛で塗って仕上げるのですが、どうしても刷毛の波うちが多少残ってしまいます。そこで極上品には蝋色仕上げという研磨作業を施します。天然漆を刷毛塗りしてから充分な乾燥期間を取ります。そして炭を使って塗り面を研磨し平らにしていきます。最後に天然漆を摺り込んで乾かし、研磨剤を手のひらにつけて磨きます。非常に手間と時間の掛かる作業ですが、塗り面が鏡のようになります。
岸和田市T様 大阪仏壇総修理後拡大
純金粉摺り漆仕上げを施しました。漆を摺り込むことで非常に耐久性が良くなります。また、重々しい金の輝きは非常に高級感があります。
傾いていた棚や欠損していた彫刻類も元通りに修復しました。

彫刻には総彩色を施しました。絵の具を何層にも塗り重ねて仕上げる「ぼかし彩色」の技法を用いました。上品な仕上がりです。

T様、この度は御修復をご依頼頂きまして本当に有難うございました。

岸和田市 I 様 大阪仏壇総修復

岸和田市 I様 大阪仏壇総修復前
-御修復前-
修復前のお仏壇の状態は、塗りは所々剥がれて、金箔も剥げたり、茶色くくすんでしまっています。全体的にゆがみも生じています。
大きな阿弥陀様も台座がローソクの火で焦げていました。

お仏壇の完全修復と御仏像の現状維持修復をご提案させていただきました。

岸和田市 I様 大阪仏壇総修復後
-御修復後-
まず、お仏壇をバラバラに解体して、木地の痛みをチェックします。お仏壇本体もローソクの火で焦げている箇所がありました。(ほんと火事にならなくて良かったです。)痛みが大きく使えない木地は部分的に新しい木地に取替えました。
痛んでいる塗りは研磨して剥がし、漆下地を使って下地を補正してから、天然漆を塗り替えました。
金の部分は、お客様のご要望で金粉仕上げに変更させていただきました。漆を接着剤として純金粉を蒔きつけ、充分乾燥させてからさらに漆を摺り込んで仕上げました。上品な金色に仕上がりました。また漆を摺り込んでるので多少拭いても剥げません。

ご本尊様も痛んでいる箇所を部分的に修復し、古色仕上げを施しました。

約4ヶ月の修復期間を経て、無事に御納品させて頂きました。
I様、本当にありがとうございました。 

仏像修復

浄土宗の善導大師様と法然上人様の仏像を修復させて頂きました。

仏像御修復前


-御修復前-
以前に一度御修理をされているようですが・・・・・ペンキが塗ってあるような状態です。
あまり見かけないピンク色のお顔をなさってます・・・。
塗りをすべて剥がし、木地の修復から取り掛かりました。

仏像御修復後


-御修復後-
塗りをすべて剥がし、木地を修復してから極彩色を施しました。
台座も漆を塗り替えて金箔を押し替えました。
見違えるようなお姿になりました。


塗りについて

漆塗りについてお話します。お客様は金仏壇というと漆塗りで金箔を貼ったお仏壇と思われると思いますが、実際に本当の漆を使用しているお仏壇は極わずかしかありません。ほとんどのお仏壇はカシュウやウレタンなどの合成漆で仕上げられています。合成漆はコンプレッサーで拭きつけ塗装ができますので、難しい技術も必要なく短期間で仕上げることができます。それに比べて天然漆は一定の湿度と温度に保たれた場所でしか乾きません。また刷毛を使って手塗りしますので、長年の経験と高度な技術が必要です。合成漆が数時間で乾くのに対して、天然漆は3日〜5日ほど乾燥期間が必要です。
塗り作業
塗り面に埃が付かないように、刷毛や部屋の清掃に時間を掛けます。また、漆がこんもりと綺麗に仕上がるように、その日の天気や湿度にあわせて漆を調合したり、ムロの温度と湿度を調整しています。
(弊社輪島工場の塗師は休日でも必ず一回は工場に来て、湿度、温度の調整をしてくれています。それほど手間と時間を掛けて仕上げています。)

塗りの見本


この写真は塗りの見本です。
写真ではほとんど見分けは付きませんね。
左が天然漆刷毛塗り、右が合成漆吹き付け塗りです。合成漆の色は真っ黒で、吹き付けをするので綺麗に仕上がります。天然漆刷毛塗りは漆黒(少し白っぽく曇っています。)で、刷毛で塗るためところどころに多少の波うちが残ります。

現在、市販されているお仏壇の90%以上は合成漆のお仏壇です。御修理の場合も同じです。昔の伝統技法で仕上げられたいいお仏壇が、合成漆で御修理されている場合をよく見ます。ご先祖様から受け継いでこられた大切なお仏壇です。修復内容を充分にご理解頂いた上で御修復をご依頼下さい。

金箔について

金箔とは純金に微量の銀と胴を混ぜて、10000分の数ミリの薄さまで引き伸ばし、一辺を3寸6分や4寸2分の正方形に切って仕上げたものです。国内では石川県の金沢で生産される金箔が有名です。

金箔にも色々な種類があり、製法、純度によって品質が変わります。昔ながらの製法で仕上げられた、「縁付金箔」と大量生産される「断ち切り金箔」があります。断ち切り金箔は縁付金箔に比べて安価ですが、変色し易いと言われています。縁付金箔は手間隙かけて仕込んだ箔打ち紙を使用して丁寧に仕上げられた伝統工芸品です。お仏壇に使用される金箔は通常4号色(純度約94.4%)の金箔を使用していますが、高級品には1号色や2号色(純度約96%以上)の金箔を使用する場合もあります。純度が高いほど、金の色が赤く見えます。

また、金箔を貼るための接着剤として、箔押し用の接着剤を使用する場合と、天然漆を使用する場合があります。当然天然漆を使用する方が耐久性があります。

断ち切り金箔と縁付金箔

この写真は、御修理のお見積り時にお客様にご覧頂くサンプルの写真です。写真では見分けはつかないと思います。右が断ち切り金箔、左が縁付金箔です。断ち切り金箔は真ん中から放射線状に花が咲いたようなシワがあるのが特徴です。縁付金箔は縦横に細かい線が見えます。よく見ると違いが分かります。
金箔と金粉仕上げのサンプル

この写真は金箔と金粉仕上げのサンプルの写真です。金粉仕上げとは金箔を貼る代わりに、純金粉を蒔いて仕上げる技法です。落ち着いた金色になるのが特徴ですが、金の量がたくさん必要になるので金箔仕上げに比べると高価です。
左が縁付金箔、真ん中が純金粉直蒔き仕上げ、右が純金粉摺り漆仕上げです。純金粉摺り漆仕上げは純金粉直蒔き仕上げの上にさらに漆を摺り込んで仕上げます。少し色が茶色くなり、より一層重々しい金の色になります。漆の皮膜があるので簡単な拭き掃除ができます。


金粉仕上げには、金色塗料の上に極微量の金粉を蒔いて仕上げたものや、金箔を貼った上から薄く金粉を蒔く「ぬぐい仕上げ」、漆の上に直接金粉を蒔く「直蒔き」仕上げがあります。「直蒔き」は金の量をたくさん必要とするので高価ですが、耐久性に優れています。


※近年、金相場の高騰により安価な中国製の金箔を使用したり、金色塗料を使用したお仏壇が増加しています。特に金粉仕上げと金色塗料仕上げのお仏壇は見分けがつきにくいのでご注意下さい。