仏壇のシメノでは、ご寺院様仏具の製作・御修復をさせていただいております。
ご寺院様仏具においてもお仏壇と同様に色々な仕上げ方法があり、また、近年では海外製の仏具も多数輸入されております。
どうぞ下記の内容をご参考に慎重にご検討ください。
ご予算に応じて、ご提案させていただきます。

御寺院様仏具 御納入例

下地工程
■下地
塗りを施す前の重要な作業です。
下記の違いで価格、耐久性が変わります。

-サーフェーサー下地-
ポリエステル系の吹き付け下地
(現在ほとんどの仏具はこの下地です)

-砥の粉、胡粉下地-
伝統技法
砥石の粉、貝がらの粉を膠と混ぜてハケやヘラで丹念に施す。

-堅地-
最上品にのみ施される伝統技法
砥の粉や地の粉を漆と混ぜてヘラを使ってつける。


塗り工程
■塗り
塗りにも色々な工法がありますが、見分けがつかないのでご注意ください。


-合成うるし吹き付け塗り-
カシュウやウレタンなどの科学塗料をコンプレッサーで吹き付けます。

-合成天然漆吹き付け塗り-
天然漆は粘りが有るため吹き付けできません。そこで合成うるしに微量の天然漆を混ぜて吹き付ける技法です。

-天然漆刷毛塗り-
昔ながらの伝統技法です。天然精製漆をハケで塗ります。多少のハケのあと(なみうち)がでますが、非常に耐久性に優れています。

-天然漆蝋色研ぎ出し仕上げ-
天然漆刷毛塗りのあと、炭を使って塗面を研磨し、最後に手のひらで磨き上げます。塗面が鏡のようになります。


金箔工程
■金箔
金箔は大きく分けて2種類の製造方法があります。


大量生産・・・・断ち切り金箔
伝統技法・・・・縁付き金箔

下記の表のように純度の違いで8種類の金箔があります。(純度の高い金箔の方が色が赤い)
例えば、断ち切り金箔一号色もあれば、縁付き金箔一号色もあります。

価格が大きく変わります。当然、縁付き金箔のほうが高価ですが、高品質です。


また、金箔を押す(貼る)為の接着剤として・・・
天然漆で金箔を押す伝統技法と、箔押液(科学塗料)で金箔を押す方法があります。
当然天然漆で押す方が高価ですが、非常に耐久性に優れています。

純金箔の種類と合金率