お手入れ方法

お手入れ方法

純金塗仏壇の場合


金箔・金粉部分直接手で触れると指紋が付いてしまったり、こするとはげてしまったりしますから、できるだけ触らないようにしてください。
また、お花の花粉や、水滴が付かないようにご注意下さい。
普段のお手入れは軽い毛バタキで力を入れないようにしてホコリを取ります。
絶対にタオルなどで拭かないようにしてください。
もし、キズをつけてしまった場合は、さわらずに仏壇店に相談してください。


うるし塗りの部分普段はお仏壇クロスか、ガーゼや綿布などのやわらかい植物性繊維の布で乾拭きしてください。乾拭きで取れない汚れは、硬く絞ったやわらかい布等で拭いて下さい。
金箔・金粉部分を拭いてしまわないようご注意ください。剥げてしまう恐れがあります。
注:お茶やお水をこぼしてしまった際は、放置せずに、すぐに拭きとってください。漆が剥がれたり、木が膨張してしまう原因となります。


彫刻の部分毛バタキや、芯のほぐれた筆などで軽くホコリを落としてください。

・仏壇全体の普段のお手入れは軽い毛バタキで力を入れずに優しくホコリを取ってください。
・キズをつけてしまった場合は、触らずに仏壇店に相談してください。


唐木仏壇・モダン仏壇の場合


平らな部分普段は柔らかい布で乾拭きしてください。
乾拭きで取れない汚れは、硬く絞った柔らかい布等で拭いて下さい。
注:木製品のため、頻繁に水拭きをする事はおやめください。また、お茶やお水をこぼしてしまった際は、放置せずに、すぐに拭きとってください。木が膨張したり、剥がれたりする原因となります。

彫刻の部分毛バタキや、芯のほぐれた筆などで軽くホコリを落としてください。

・仏壇全体の普段のお手入れは軽い毛バタキで力を入れずに優しくホコリを取ってください。
・キズをつけてしまった場合は、触らずに仏壇店に相談してください。


HOME > お手入れ方法

株式会社 シメノ